Admin + RSS

ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)



No.1739 - 2012.05.19 (22:00) [夫のこと。]
Title : 難問。
ジャングルさんは、働き者だ。
朝、とてーも早くに家を出て、夜は遅く帰ってくる。

帰ってきて、ばんごはんを食べると、床の上に横になって、
気を失ったように眠っている。
相当疲れているらしい。
かわいそうに。

「ふとんにいきなよー」

と、何度か催促して、ようやくジャングルさんは布団に横になった。
そのとき、寝言を言っていたのだが、
今日の寝言は、

「…マトリョーシカ…」

だった。
念のため、もう一度聞き直すと、やっぱり

「…マトリョーシカ…」

と言っていた。
なんだ、それは。
何かの暗号なのか。

「なんでマトリョーシカなの?」

と聞くと、

「いや…、カツカツだから…。」

とジャングルさんは答えた。
カツカツだから、マトリョーシカ?
ジャングルさんの寝言は毎回シュールだが、
今日のはいつもよりもむずかしいぞ。

と思っていたら。

「なにリョーシカ?」

と、逆に質問された。

ええええ、なにリョーシカ、て、
「マトリョーシカ」以外にバリエーションあるの?
これは難問だ。
答えに困っていると、

「何リョーシカ??」

とたたみかけられた。
むずかしい。
困った。
降参だ。

負けを認めると、ジャングルさんは、

「うふ、うふふ」

とうれしそうに笑っていた。
まさか、寝ながらにして、わたしを困らせるとは。
なかなかやるな。
というわけで、複雑な気持ちを抱えたまま、眠りについたのでした。

この話はノンフィクションです。
創作じゃないからねー。
関連記事


トラックバック(0) / コメント(0)



← ゴシップガール / ABSOLUTE LIFE / 品名。 →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1739-e8b27291

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。