Admin + RSS

ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)



No.1713 - 2012.04.05 (22:00) [映画のこと。]
Title : 「まほろ駅前多田便利軒」。
このごろ、いっぱい映画見てるんですよー。
テレビをみるのをやめて、そのかわりにずっとDVDみてるんです。
テレビには、余計な雑音が多いから、映画のほうがおちつきます。

というわけで、まほろ駅前多田便利軒。
撮影現場に遭遇したこともあり、ずっと気になっていた映画です。
もとってもおもしろかったしねー。





画面に映るのは、知っている風景ばかりなので、
すごく、ふしぎな感じがしました。
「え、そんなとこでロケやってたの?」
みたいな見方ができるのは、おもしろかったです。

原作を読まないままに観ていれば、すごくたのしめたと思うのですが、
オリジナルをすごく気に入っていたので、映画はちょっとがっかりです。
時間の制約があるためか、いいエピソードがげっそり削ぎ落とされていて、
置いてけぼり感が残ります。
前半は、テンポもよくてよかったけれど、
後半は、シリアスな場面が一気に詰め込まれすぎていて、
訳もわからず、ぐったりしてしまうかんじ。
せっかく、全体の雰囲気がとてもよいのだから、
もう少し後半部分が丁寧に作られていたらなあ、
と、思いました。
うーん、でも、映画としておさめるには、あれでいいのかなあ。
やはり、原作を知っていると、自分の頭のなかでその世界を創り上げてしまうので、
つい、期待しすぎてしまいます。

わたしは、行天のキャラを演じている松田龍平に、ものすごく違和感を感じました。
ちょっと、気持ち悪すぎない??
山下くんと行天のシーンでの走り方とか、笑い方とか、
ちょっとした部分が気になった。
いや、行天は、へんてこりんなひとだから、それでオッケーなんだろうけど、
わたしには、彼のよさがわからなかったなあ。
実物を見ても、オーラを感じられなかったのだから、
映画のなかで見ても、よさがわからないのは当然か。

それにしても、脇役の登場人物たちが、すごくよかったですね。
ルルとハイシーと星くんは、もっといっぱい見たかったな。
そして、音楽もきれいだった。
全体的には、いい映画だったと思います。

来年連続ドラマになるみたいですね。
今度は、大根仁氏によるものなので、懲りずに期待して、見てみようと思います。
関連記事


トラックバック(0) / コメント(0)



← 仕事は順調。 / ABSOLUTE LIFE / 地震到達予報 なまず。 →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1713-d8168253

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。