ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

奇人たちの晩餐会 USA]

このDVDをみつけたとき、ちょっとときめきました。




フランス映画「奇人たちの晩餐会」のハリウッドリメイク。
主演は、スティーブ・カレルで、監督がジェイ・ローチ。
わたしのすきなの大集合な映画だったので、期待して見ました。


が、全然おもしろくなーーーーい。
なんでよーーー。

どんなに自分のすきなものが組み合わさっても、
だめなときもあるのだな、と実感した。
がっかりだぜー。

わたしは、フランス版が衝撃的だったので、2回くらい借りて見たので、
そういうイメージで見ちゃったんでしょうねー。
フランスバージョンを見てないひとには、おもしろいのかもしれません。

ねずみはかわいかったんだけど、
それぞれのエピソードが、全然まとまりがなかったような気がするんですよ。
バリーのキャラクターが中途半端だったのかな。
それとも、全体的にドタバタしすぎだったのかな。
それとも、それとも…。
あー、もう、何がだめだったのかはわかんないけど、
とにかくもう二度と見なくていいや…。


フランス版の主役は、このおぢさんです。
こっちはおもしろくって、すてきな映画ですよ。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ずず says..."おヒサです!"
この映画、私も以前フランス版の方を観たことがあります。
ハリウッド版はいまいちだったのですね。
いくら原作が面白くても、脚本や演出が違うと全然違う感じに
なってしまうのでしょうね。
フランス版は上質のコントを観てるようで、すごく楽しかったです。
久しぶりに観たくなってきました。
近くのレンタルショップで探してみます。
2011.10.07 14:48 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
ずずさんおひさしぶりです。

ハリウッド版は、フランス版のような、センスのよさが感じられず、
ひたすらばたばたしていたかんじだったから、
違和感を感じたのかもしれません。
でも、そのちがいを楽しむのも、この映画のひとつの見方ですよね。

わたしも久々に、フランスバージョンをみたくなりました。
2011.10.10 13:55 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1561-4f2199c7