ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

江國香織 「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木を読みました。
 江國香織の作品はすべてだいすきだけれど、
 これは、特にすき。
 読み終わってすぐに、もう一度読み直してしまうくらい。
 何度よんでも、うっとりするこの世界。
 わたしにとっての、「読む精神安定剤」です。

 今日も、なんとなく、いらいら、鬱々、していたのだけれど、
休憩中にたった数ページを読んだだけで、
あっという間にこの優雅で、静かで、ほどよく力の抜けた世界に
惹きこまれてしまい、とても清清しい気分になったのは、
自分でも新しい発見でした。
こんなに自分の精神状態に影響を与える本があったとは、
そんな本をかけてしまう作家さんがいるとは。

この作品には、とにかくたくさんの登場人物が出てきます。
わたしはどのひとにも、共感できる部分があり、
そして、うらやましく思う部分がたくさんあります。

陶子のおだやかさ、
れいこのスタイリッシュなかっこよさ、
エミ子の自立しようとする気持ち、
綾の勉強熱心なところ、
衿のさわやかさ、
草子の一途さ、
麻里江の余裕のある暮らし、
道子の情熱と
桜子のきちんとしているところ。

ひとはみな、かならずいいところを持っているんだよなあ、
と思いました。

ミクシィで、
薔薇の木は道子、
枇杷の木は衿のエピソードが出てくるけれど、
檸檬の木は何かわからない、
というトピックがあって、
それでわたしなりにいろいろと考えてみたのです。

これは、あくまでもわたしの予想なのだけれど、
檸檬の木、とは、「結婚」の象徴なのかもしれないなあと思いました。
檸檬の花や木はきれいだけれど、その果実は、とてもすっぱい。
まだ結婚の経験がないわたしにとっては、結婚って、そういうイメージです。

ちなみに、その書き込みをしたあと、
だれもトピックに書き込みしてくれなくなっちゃった…。
わたしのせい?

というわけで、
とても、とてもすきな作品です。

関連記事

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

JJ says...""
はじめまして。初めて書き込みさせていただきます。

男ながら、僕もこの小説はけっこう好きです。始めは登場人物の多さに少々混乱しましたがf(^^;)

「読む精神安定剤」という言葉がありましたが、確かに江國さんの小説はどれも読んでいて安心したり、ほっとしたりさせられますよね。文章の記述も細やか、かつ華やかで、女性の読者に人気のある理由が分かります。
2005.12.03 16:59 | URL | #6sSfeULI [edit]
うさぎ says...""
いらっしゃいませー。

なんとなく、江國香織の作品は、
「女性が読むもの!」
と勝手に決め付けてしまっていたのですが、
男性も、すきな方はいらっしゃるんですねー。
うれしい発見です。
彼女ほど、美しい作品を書くひとは、ほかにいないとわたしは思っています。

まわりにあまり江國ファンがいないので、
またコメント残していってくださいね。
わたしもそちらにあそびにいきまーす。
2005.12.03 19:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/15-140adf69