ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

日渡早紀 「ぼくの地球を守って」

ぼくの地球を守って―愛蔵版 (7)
最近このまんがにはまっています。
おもしろいんです。とっても。
こんなにスケールの大きな少女漫画はほかにないです。
さらに、10巻以降は、とにかく絵が美しいです。
こんなかんじで、愛蔵版も出ているみたいですね。

いとこが全巻まとめてくれたのが、中学生くらいのとき。
けれど、これを中学生で理解するのは、かなり難しい。
人間関係も設定も、ものすごく複雑。
今でも完璧には理解できてないと思う。
でも、すごーーくいろんなことを考えさせられる深いお話です。
読むたびに引き込まれていきます。

いままで読んだことない、ってひとは、ぜひぜひ読んでみてください。
ぜったいにおもしろいですから。
損はしないでしょう。

このまんがの困ったところは、なんと、21巻まであることです。
しかも、おもしろすぎるので、止まらない。
お家に帰ってくると、2冊くらい一気に読んでしまいます。
いろいろしたいことはあるのに、手につかない…。

ここからは内輪ネタになりますが、
わたしがいちばんすきなのは、田村さんですねー。すてきすぎます。
あんなひとが実際にいればなあ・・・。
夢見る乙女によくありがちな妄想ですね。

わたしには、紫苑の気持ちがよくわからないんです。残念ながら。
わたしは玉蘭のほうに近いんですよねー。
紫苑の玉蘭に対する気持ち、もっと理解できたらよいのですけれど。

これを読み終わったら、会社の先輩からもらった「稲中卓球部」を読みます。
テンションの落差、はげしすぎるな。
ついていけるかな…。

みなさまも、おすすめのまんががありましたら、おしえてくださいね。

関連記事

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/133-331bd3b4