Admin + RSS

ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)



No.1267 - 2009.11.08 (01:52) [日々のこと]
Title : 気持ちの整理がつかないのです。
11月4日、ばーちゃんが亡くなりました。

おかーさんからの電話で話をきいて、全身の力が抜けました。
会社に行く気力がなくなってしまって、
しばらくぼんやりしたあとで、その日のうちに実家に戻りました。

身近なひとが亡くなったのは、初めてのことだったので、
何もかも、どうしたらいいのかわからなくて、本当に困った。
喪服を持っていないから、どんな格好すればいいのかわからないし、
お通夜とお葬式の段取りもわからないし、
来ている親戚のひとたちが誰だかわからないし。

でも、いちばん困ったのは、気持ちの整理をつけられないことだった。
もう、とにかく悲しくて、悲しくて、まいった。

ばーちゃんは、84歳だったから、長く生きたほうだと思うし、
眠るように、あっという間にいってしまったみたいだから、
苦しまなかったみたいなんだけど。

それなのに、ここまで悲しくなるものなのか、と、びっくりした。
涙が止まらなくてね、
その報せをきいたときも、飛行機に乗ってるときも、
お通夜とお葬式の間も、ずっと泣いてしまったよ。
なんでこんなに悲しくなるのか、不思議だ、と思いながら、涙は流れる。

いつか、この日が来るかもしれない、と思って、
お正月とお盆には、必ず会いに行ってたんだけど、
いざ、こうなると、やっぱりだめだね、覚悟なんて、できてない。

帰った日の夜、お線香とろうそくをたやさないようにするために、
ずっと起きて、ばーちゃんを見てたけど、
眠ってるようにしか見えなくて、
死んじゃったなんて信じられなかった。

納棺のときも、お通夜のときも、お葬式のときも、
ばーちゃんが、いつか目を覚ましてしゃべりだすんじゃないかと思ってた。
そんなわけない、ってわかってるんだけど、でも、
「ねーねー、早く起きなよー」
って、ずーっと思ってた。火葬場で骨を見るまで。

お葬式って、ほんとうに一大事で、
しなくちゃいけないことが、いーっぱいあって、
(でも、大した働きをしませんでしたけれども)
想い出に浸るひまなんて、一切ない。
だけど、そうやって、「しなければならないこと」をこなして、
気持ちの整理をつけるしかないんだね。
次から次へと、いろんなイベントがあって、とにかく忙しかった気がする。

ゆっくりとばーちゃんの思い出話をしたのは、
昨日、一足先にお家に帰ったちょけさんを、空港まで送ったときだけだ。
むらさきさんとちょけさんと3人で、ばーちゃんの話をした。
空港で、ぼろぼろ泣きまくる3人の女は異常だったと思う。

ばーちゃんは天国に行ってしまったけど、
でも、わたしのなかには、まだ生きてる。
こういうとき、ばーちゃんだったら何て言うかな、って考えれば、
ずっと生きてるのといっしょだ。

関連記事


トラックバック(0) / コメント(3)



← 「余裕」の補給。 / ABSOLUTE LIFE / シューストレッチャー。 →

Comment

Title : / Name : iwasakiさん

こんばんわ。

大変だったね。うさぎさんは勿論、むらさきさん、ちょけさんにも、お悔やみ申し上げます。

俺もね、おじいちゃん&おばあちゃん全員、父、義母、友達も数人、、、、沢山見送っているので、その大変さもしっているよ。そうそう、お葬式とかが忙しくてややこしいのは、いい事だと思う。忙しいから、正気でいられるし…。
どんな言葉を掛けても、説得力ないかど、、、
唯一時間だけが、壊れた心を癒してくれると思うよ。。。だから、ゆっくり。。。。ね。

俺も何かつまずいた時は、父や友人達に、愚痴聞いてもらっているよ。はは。
奴やは確実に俺の中で生きているからね!

2009.11.09(18:49) / URL / #- / [Edit] /

Title : なでなで / Name : ゆみちゃんさん

それでいんだよ

大切な人が旅だったんだもん
急いで、いまの感情を閉じこめちゃうのは、未来のうさぎさんが苦しんじゃうから、いまの感情を押さえつけないでね

悲しい時に悲しんで、泣きたいときは泣かないと

大人になると我慢が増えるけど、いまみたいな時は子どもに帰ろうよ

誰もうさぎさんを責めたりしないよ(^_^)

なでなで☆

2009.11.10(11:58) / URL / #- / [Edit] /

Title : / Name : うさぎさん

iwasakiさん、
ほんとうに、たくさんの方を見送られたのですね。
わたしはばーちゃんだけで一大事だったので、
iwasakiさんが、どれほど悲しい思いをされたか、
想像もつきません。

でも、身体の機能が停止したとしても、
ひとは、心のなかに生きることができるよね。

わたしも、ほかのひとの心の中で生きるとき、
できるだけすてきな人間でいられるように、
ちゃんとしようと思いました。


ゆみちゃん、
時々思い出しては、悲しい気分になるときがあって、
それは、こどものときの自分で、
「なによ、大げさねー」って、冷静なのは、大人の自分なのかも。
共存してるのかも、自分のなかで。

なでなでありがとう。
遠くとも、気持ちが伝わりました。

2009.11.12(00:22) / URL / #1jxB54a6 / [Edit] /

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1267-24473190

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。