ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

シューストレッチャー。

以前買った卑弥呼の靴が、ぼろぼろになってしまったので、
修理に出すことにしました。

靴は、本当は、何足かをローテーションして、
1日はいたら、1日休ませるようにしなくてはならないのですが、
まともなパンプスは、これ1足しか持っておらず、
かなり酷使していたところ、
ついに、つまさきがぼろぼろになって、
無残な姿になってしまったのでした。

ミスターミニットへ行くと、補色ならすぐにできるが、
革の部分も直すとなると、1ヶ月もかかるという。

まじか。
これしか、まともな靴、持ってないんだけどな。

どうせお金も時間もかかるなら、
靴専科でクリーニングしてもらおうと思い、
持って行ってみたら、こちらも2週間以上かかるらしい。

でも、これ以上はきつづけたら、穴が開いてしまいそうな勢いだったので、
仕方なく、クリーニングをお願いすることにした。
新しい靴が買えるほどのお値段でしたが、
卑弥呼の靴を手放すなんてもったいないし、
かなりかわいそうな外見になっていたので、まあ、仕方ないね。

2週間、あの靴がないとなると、ちょっときつい。
ほかの靴は、足が変形するほどに、合わないから。
また、靴を探さなくてはならない…。

本当は、卑弥呼の靴を買うのが間違いないのですが、
すでに、靴の修理で出資してしまっているので、
そこからさらに2万円もする靴を買うのは、かなりつらい。

とりあえず、卑弥呼様が帰ってくるまでのつなぎだから、
ということで、ORiental TRafficをのぞいてみたら、
ちょうど、22.5cmの、シンプルなパンプスをみつけた。
あら、いいんじゃない?ぴったりだわ。
というわけで、また安い靴を買ってしまった。

ジャングルさんに、過去の過ちを蒸し返されながら、
入念に家で履き心地をチェック。
卑弥呼の靴に比べ、あきらかに硬い。
これは痛くなりそうな予感。
返品しようかどうしようか迷ったけれど、
でも、明日はく靴がないので、
「きっとだいじょうぶ」
と言い聞かせて、はいてでかけることにした。

でも、靴ってさ、長時間歩いて、初めて、
「あれ、なんかいたいかも?」
って、気づくものでしょ。
会社に着いてから、
あー、やっぱりこの靴も合わなかった…、と実感。
全方位痛いんだから、我ながらすごいと思うわ。

だったら、パンプスをはくのをやめれば、
と、ジャングルさんに言われましたが、
ヒールが、1cmもない靴をはくことに抵抗があります。
スニーカーは、もってのほか。
たとえ身体に悪くとも、わたしはパンプスをはくよ。
女だから。

外で履いてしまい、もう返品のきかない靴、
さあ、どうしよう。
わたしがこんなにも靴探しに苦労しているのだから、
ほかにも困っているひとがいるにちがいない、
と信じて、ネットを調べてみたら、
いいものみつけました。

その名も、
「シューストレッチャー」。




木型で、ぐいぐい靴を伸ばすのだそうです。
まあ、これがあれば、わたしのような幅広の足でも、
安い靴が履けるようになるかもしれないじゃないの。
1回買えば、何回でも使えるから、
もうひとつの激安靴もよみがえるかもしれない。
ぜひ、ためしてみよう。
使ってみたら、レポートしたいと思います。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1265-7050816c