Admin + RSS

ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)



No.1242 - 2009.10.13 (21:00) [日々のこと]
Title : あすなろ白書。
酒井法子のニュースを読んでたら、
野島伸司のことが出てきて、
そしたら、高校教師の桜井幸子が見たくなって、
そしたら、ドラマの動画をあつめたサイトにたどりついた。

見てみたら、なつかしいドラマがいーっぱいあって、
そのなかで、「あすなろ白書」が気になったので見始めたら、
もう、止まらなくなってしまいました。



なつかしいでしょう。
わたしはあれを見て、木村拓哉のことを本気ですきになりました。
大学生になったら、ああいう仲間ができて、
ああいう学生生活を送るものなのだと信じ込んでいました。
でも、現実は、ドラマよりももっとずっとシビアだったけど。

今見ても、やっぱりおもしろかったです。
あすなろ会のメンバー全員のキャラクターがとってもすてきなの。
それに、映像も、音楽も、とーってもきれい。
いいドラマでした。
もう何年も、恋に焦がれる感覚を忘れていたので、
とても新鮮でした。

あと、携帯電話が普及したことは、
恋愛の仕方をがらりと変えたんだなって、実感した。
このドラマでは、お家の固定電話と手紙で連絡とりあってたから。
携帯電話って、すごいわねー。

それにしても、取手くんの

「オレじゃダメか?」

は、ドラマ史に残る名ゼリフかつ名シーンだと思います。
今でもときめく。
あれやられたら、
「アナタがイイです!おねがいしまっす!」
って言っちゃうな。

Wikipediaを見たら、木村拓哉は、当初、掛居保役をオファーされていたのに、
取手役を選んだそうな。
逆に、筒井道隆は、取手役をオファーされてたらしく、
最終的に、役をスイッチしたのだそうです。
掛居保の驚異的なモテぶりは、
筒井道隆の何考えてるかわからない不思議さ故だし、
取手くんが、友達どまりだったのは、木村拓哉の軽薄さ故だと思うので、
すごくいい選択だったのだと思います。

わたしは、自分からだれかをすきになることがほとんどないし、
告白なんて、一度しかしたことがないので、

「なんか、ひさしぶりに、誰かに告白したい!」

と思って、つい口に出したら、そばにいたジャングルさんが、

「いいですよー、いつでも、何回でもウェルカムですよー」

と、はりきりだした。
いや…きみみたいな小動物っぽいひとじゃなくて、
もっと人間っぽいひとがいいかな。






関連記事


トラックバック(0) / コメント(3)



← オカピ。 / ABSOLUTE LIFE / 苦い。 →

Comment

Title : なつかしい! / Name : ずずさん

このドラマが放映されてた時、私はすでに子持ちでしたが(笑)、
かなりハマリました。
同じく、はまってしまった友達と、掛居派か取手派か、などと
夢中になって話してました。
若い時は掛居君のミステリアスな部分に惹かれそうだけど、
安定を求めるなら取手君がいいのかな、と思ってました。

役をスイッチしてたのは初耳でした。
やはり、あの配役で良かったのだと思います。
木村拓哉の掛居君はピンときませんからね。
取手君の「オレじゃだめか?」と後ろから抱きつくシーンは
グッときましたね。
うちのどこかに撮りだめしたビデオがあるはずです。
久しぶりに観たくなってしまいました。

2009.10.15(10:20) / URL / #- / [Edit] /

Title : 西島秀俊 / Name : ナルセさん

左上の男が誰かと思ったら西島秀俊だった。
今日の日本映画に欠かせない俳優ですが,こんな若かりし頃があったんですね。

原作はちょっと読んだりしていたけど,テレビドラマ化されていたとも知りませんでしたよ。恐るべしテレビなし生活。

2009.10.15(23:04) / URL / #EzYRtWeM / [Edit] /

Title : / Name : うさぎさん

ずずさん、
やっぱりよいドラマでしたよねー、これ。
ぜひぜひ、みてみてください。
わたしは、若いころも、いまも、取手派です。
そのせいなのか、黒縁めがねの男子が好物です。
フィクションだって知っているのに、
ふつうの恋の物語なのに、なんであんなに夢中になっちゃうんだろう。

ナルセさん、
西島秀俊は、かつてドラマを中心に活躍していたはずです。
ですが、事務所からの独立だか移籍だかのごたごたがあったらしく、
ある時期からぱったりとドラマに出演しなくなり、
気がついたら映画を中心に出演するようになっていました。
おだやかな雰囲気がすてきよね。

わたしも一時期テレビなしの生活をしていたことがあります。
不便だと感じたことはほとんどなかったな。
逆に、時間を有効に使えて、便利でしたよ。

2009.10.16(22:06) / URL / #1jxB54a6 / [Edit] /

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1242-b7b5c9f7

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。