Admin + RSS

ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)



No.1075 - 2009.02.18 (23:21) []
Title : 江國香織の世界。
会社で、向かいの席に座っているおんなのこと、本の話になった。
その日は、村上春樹のイスラエル賞のスピーチと、
中川氏のへろへろぶりが比較されていた日。

彼女も本を読むらしいけれど、なんと、まだ村上春樹を読んだことがないと言う。
まあ、めずらしい。
彼女が、

「わたし、江國香織の本とかがすきなんですよねー」

と言ったので、わたしはひとりでざわめいた。
なんですって!!
いちばんすきな作品は?!

「きらきらひかる、ですねー
 このひとの文庫本は、全部持ってますよ」

あーー、もっとマニアックな話がしたかった。
わたしの理想の恋人が深町直人であることとか、
衿の気持ちがわかるかどうか、とか、
透と耕二だったらどっちがすきか、とか、
神様のボートの結末はどうなったと思うか、とか。

もうあと2日くらいでわたしは退職なのに、
もっと早くから江國バナシをしていたかったよ…。
残念無念。

そんな彼女が、とってもすてきなことを言った。

「うさぎさんて、江國香織の世界の人みたい。
 最初に会ったときから、そう思っていたんです」

わたしは、またしてもひとりでざわめいた。
常日頃、江國ワールドに浸っていて、洗脳されているので、
そういうオーラがにじみ出ていたのだろうか。
でも、あの世界の住人になりたいと思って日々を生きているので、
それは、ここ数年でいちばんのほめ言葉でした。

わたしの理想は、「東京タワー」の詩史さんです。
映画の黒木瞳ではなく、原作の方の。
経済的余裕のある夫がいて、若い恋人がいて、
移動はタクシーで、自分の店まで持っている。
なんてすてきなんだろう!と。

そのものにはなれなくても、
江國ワールドのように、日常のディテールにも美意識を持って生活しよう、
と思ったのでした。
関連記事


トラックバック(0) / コメント(0)



← イマイさん。 / ABSOLUTE LIFE / 部屋さがしの旅。 →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1075-ae98b2d9

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。