ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

東野圭吾「仮面山荘殺人事件」

これも、借りた本。
「殺人事件もの」は、まったく読まないので、
「最後まで読めるかなー」と思ったけれど、
そんな心配ご無用でした。
あっという間に読みきりました。




本当に、このひとの書くストーリーには、どうしても引き込まれます。
とめられなくなります。
いつも、本は通勤時間にしか読まないことにしているのですが、
このひとの本にかぎっては、続きが気になって、家でも読んでしまいます。
綿密に練り上げられたストーリーに、無意識のうちに巻き込まれているのです。

これはミステリーなので、ストーリーには触れませんが、
小説にびくっとさせられたのは初めてでした。
「うはー」、と思いました。
「やられたー」、と。

ミステリーものに殺人はつきもので、
わたしはそういう作品をあえて避けていました。
たとえ、フィクションだとしても、人が殺されるなんて、いやだー、
と思っているからです。
だれかが殺されるなんて物語を読むのは、いい気分じゃないもの。

けれど、殺人事件を題材にした作品があまりに多いし、
みんなそういうのを好んで読んでいるようなので、
それがどうしてなのか、不思議に思っていました。

でも、これを読んで、ほかのひとたちの気持ちがわかった。
登場人物の心理状態の駆け引きを描写するのに、
殺人事件がいちばん妥当なんですね。
殺人は、あくまでも、物語のきっかけであって、
読者がひきつけられるのは、
それぞれの登場人物の心理を読むことなのだと。

この本には、ミステリー小説の原点をおしえてもらいました。
とにかく、おもしろい本でした。とっても。

それでも、わたしはやっぱり殺人や犯罪がきらいなので、
自分から、進んで読むことはないでしょう。

関連記事

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

藍色 says...""
こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
表示されないようなので、URLを置かせていただきますね。
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-1354.html
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2010.01.11 02:34 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
トラックバックありがとうございます。
承認後に表示される設定にしていましたが、
管理画面を見ても、確認できませんでした。
ごめんなさい。
2010.01.12 23:31 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1037-dbaf6079