ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

はじめての宝塚。

東京2日目。
この日は、ものすごくたのしみにしていた宝塚観劇の日。

東京に行くことをむらさきさんに話し、
「何か、舞台を見たいねー」
という話をしていたら、ちょうどいい日程の宝塚公演があり、
むらさきさんがチケットをとってくれたのでした。
それが、雪組の「ソロモンの指輪」と「マリポーサの花」
ショー30分、休憩30分、ミュージカル2時間、
約3時間の夢の世界です。

有楽町につきました。

PICT0001_20081019101827.jpg  PICT0004_20081019101812.jpg

劇場に入ったときから、もうわたしのわくわく度は急上昇。

わたしは何事にも理解力が不足しているため、
ストーリーを予習するために、パンフレットを購入しました。
それに、観る前から、絶対ハマるだろうと確信できていたので。
ちゃんと、細かくどういうシーンなのかという説明がついているので、
それを読みながら、開演を待ちます。

始まってみると、今まで見たこともない華やかさに驚愕。

きらきら、ひらひら、ごてごての衣装。
ぴっかぴかの舞台装置。
しかも、踊りも、歌もてんこもりで、すごい迫力で、
まるで、華麗な嵐のようです。
どこを観たらいいのか、わからないよー。

すごい、なんだこれは。
今までに見てきたミュージカルとは、まったくの別物だ。

男役の動きのなめらかさ、身のこなしのすてきさ、
女役の歌声のきれいさには、引き込まれてしまった。
女だけの舞台って、こういうことなんですね。

つまり、男のひとを演じるのは女性なわけですから、
女性の理想どおりの男性像になるわけです。
どんなにキザなことをしようと、
どんなにくさいセリフを言おうと、
すべては女の理想通りなわけで、全部がかっこよいんですね。

特に、雪組トップスターの水夏希というひとは、
顔立ちや、スタイルや、声質に色気があって、とってもすてきでした。
うっとり。

どんどん盛り上がってきて、どんどん派手になってきて、
これでもかー、となったところで、ショーは終了。
え、もう30分もたちましたっけ。
あっという間すぎるのですが。

次のミュージカルが始まると、
セリフがたっぷりあったり、アドリブっぽいところがあったりして、
また雰囲気ががらりと変わる。
ややシリアスなストーリーで、
男役の方々もスーツをびしっと着ていたので、
それはそれはかっこいいのです。

特に、エスコバルを演じていた彩吹真央というひとは、
歌がものすごくうまくて、演技もすごくよかったです。

ストーリーはわかりにくかったし、やや重い雰囲気でしたが、
その分、戦闘シーンの迫力がすごかったし、
フィナーレの華やかさが際立っていたのではないかしらと思います。

あっという間の3時間。
え。もう終わり?

観終わったときには、すっかり、どっぷり、はまってしまっており、
宝塚グッズのショップでも、きゃーきゃー大興奮状態でした。
蜷川実花が、水夏希を撮った写真集を買おうかどうか迷い、
今でも迷い中です。
だって、すてきなんですもの。




今回は、初めてだったので、一番お安い席だったのですが、
それでもこんなに大興奮しているわたしは、
S席に座ったらどうなっちゃうんでしょうか。
(↑もうすでに、また観に来る気満々)

むらさき家に帰るまでも、帰ってからも、
ずーっと、ずーっと宝塚の話をし続け、
パンフレットを読み続け、
わたしは一気に中毒のようになりました。

この日以来、わたしは毎日会社でも宝塚の話をしつづけ、
帰ってきては、宝塚のサイトを見て、
眠っているときは、宝塚の夢を見ています。
本当です。

昔から、まわりに宝塚がすきなともだちはいたのに、
なぜ、あのときは興味を持てなかったんだろう。
と、不思議に思ったのですが、
もし、高校生のときにこんなふうになっていたら、
わたしは現実の男性と付き合うことなどできなかったかもしれないし、
相当なお金を宝塚観劇に注ぎ込んでいたことでしょう。

はまったのが、今でよかった。

名古屋でも公演があるようなので、また見に行きます。
今度は、S席で。間近で。
あー、うっとり。
むらさきさん、つれてきてくれてありがとう。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1005-26e764b7