ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

ペーパードライバーを克服した方法 (3.練習方法)

最後に、練習方法について。



1.運転できる人に助手席に乗ってもらい、広い駐車場をぐるぐるする。

まずは、車の来ないところで練習します。
近所のスーパーに広い駐車場があったので、そこをくるくるまわって、
ハンドルの感触とか、どんなふうにミラーが見えるかとか、
どれくらいアクセルを踏むと、どれくらい進むか、
どれくらいブレーキを踏むと、どんなふうに止まるか、
ワイパーの動かし方、サイドミラーのたたみ方、エアコンなどを確認します。

運転できる人に「練習したい」と言うと、うっかり普通の道路に解き放たれてしまいますので、
「まずは駐車場で確認したい」
としっかり主張することが大切です。



2.家の周りを、何度もぐるぐるする。

車の動きを確認したら、道路に出ます。
家のまわりをぐるぐるまわることから始めます。
もちろん、助手席には運転できる人に座ってもらいます。

前に進む、曲がるのは、すぐにできるようになるので、少しずつ移動範囲を広げていく。
車線変更や、すれ違うのはむずかしいので、
実際にやってみる前に、動画などで手順を確認しておきます。

後ろに車が来ると焦ってしまうけれど、スピードさえ落とせば、全然こわくないので、
わたしは40キロまでしかアクセルを踏めない女
と開き直る。
ほかの車に追い越してもらう。周りの車と同じ流れに乗ろうとしない。
迷惑をかけたくないと思うけど、事故を起こすよりはマシ。



3.ちょっと長めに運転。

前に進む、曲がる、ができるようになったら、ちょっと長距離を運転しました。
もちろんジャングルさんに助手席に乗ってもらって、アドバイスをもらいながら。
本を読んだ時に、長時間運転すると、一気に上達する、と書いてあったので。

ジャングルさんの実家から帰ってくるのに1時間半くらい運転してみました。
とても疲れたけれど、確かにちょっと慣れたかんじはした。

車の少ないところを走れば、長時間の運転も、ちゃんとできます。



4.スーパーの駐車場で駐車の練習

運転に慣れてきたら、駐車の練習をしました。

まずは、ネットで手順を確認。
ポイントを頭に叩き込む。
バックのときのハンドルの向きを考えるのに、この動画が役に立つ。




手順を何度も確認して練習したけど、コツを理解していなかったために、何時間やっても全くできなかった。

スマホで駐車の達人をやっていたら、コツがわかって、すこし上達した。
「ハンドルをきりすぎている」
ということに気づいたら、そこから急にできるようになりました。

でも、練習始めて3ヶ月以上経過した今でも、狭いところには止められない。
毎回ものすごく時間がかかる。
自分の駐車場ですら、いつも3回はやり直してる。
そして、とめたあとに車から降りて、自分の目で確かめてる。
真っ直ぐになってるかどうか、真ん中にとめてるかどうか。

駐車は、とにかくぶつけなければいいので、そこだけ気をつけて、
ゆっくりと、時間をかけて、10回くらいやり直すつもりでトライする。
わたしはカメの如く、のろまなバックをする女
と開き直る。


今でも一人で運転していくときには、事前に一度ジャングルさんと行ってみて、駐車場を確かめる。
駐車場が狭いところは行かない、と決める。
なるべく車が少ないところにとめる。
3ヶ月経っても、こんなもんですが、それでもいろいろ行けるようになります。



4.ひとりで運転。

ひとりで運転するようになったのは、10回以上練習を重ねてから。
どうしても、運転するのが怖くて仕方がなかったので、かなり慎重に進めていきました。

なんか怖い!と思ったら、
とにかくブレーキを踏んでスピードを落とす。
それでも心配なら、一度止まる。
とにかく安全第一。

最初は、いちばん近くのコンビニの前を通ることから挑戦。
次は、コンビニの駐車場にとめる。
その次は、少し先のスーパー、
次はもう少し先のドラッグストア、というふうに、少しずつ目的地を遠くしていく。

ひとりでできた!と思うと、少し自信がつきます。



以上です。
わたしがいかに下手なペーパードライバーだったか、おわかりいただけたでしょうか。


練習を始めて、最初の1ヶ月は、まったく運転できるようになる気がしなかった。
でも、3ヶ月半が経った今、なんとかなっています。

初めて行くところは、事前にジャングルさんを助手席に乗せて練習し、駐車場を確かめる。
運転するときは、ネックレスとか指輪とかをお守りの代わりに身につけて、「大丈夫」と自己暗示をかける。
こんなかんじで、買い物、病院、習い事、公園などなど、週に3、4回は運転しています。

運転するようになってよかったことは、

「とにかくラク!!!!」

ということです。
子供が2人いると、病院へ行く機会も増えるし、通うのが大変だった。
でも、車があると通うのがラクになるし、ちょっと遠くても、相性のよい病院に行けるようになります。

そして、週末はいつもスーパーに買い出しに行っていたのですが、
平日にたくさん買うことができるので、時間を有効に使うことができる。
運転の練習はとっても大変だったけれど、それを補って余りあるメリットがありました。


ただ、わたしもまだまだ初心者で、毎日失敗もしているので、
これからも安全にはよーく気をつけて、事故を起こさないようにします。

0

ペーパードライバーを克服した方法 (2.使用したもの)

次に、実際に運転の練習のために準備したものをリストにしておきます。


車につけたもの

1.バックカメラ

by カエレバ


運転するということは、目的地で駐車しなくてはならないので、
バック駐車の確実性を上げるために購入。
結果的に、つけて大正解。運転に自信がなければ必須。

オートバックスで購入して、つけるのもやってもらいました。
カメラそのものと取り付ける作業をあわせて、2万円以上かかった。
Amazonだと激安でびっくり…。


2.コーナーポール

by カエレバ


車の幅の感覚がわからないので、つけました。
ヘタクソ棒っていうらしいですが、ヘタクソでもなんでも、ぶつけないことが一番大事です。

他につけてる人、いるかなーって探してみてますが、大きな車につけてる人が多い。
わたしみたいに普通サイズの車につけてる人はあまりいませんが、
運転中、よく確認しますので、つけてよかったです。



3.初心者マーク

「わたし運転ヘタなので、近寄らないで!気をつけてー!」
という意味を込めて、まわりの人達のためにつけました。




知識をインプットするために使ったもの

1.
by カエレバ


運転の心構えを知るために読みました。

家族は
「そんなの読んだって意味ない」
と笑いましたが、参考になる考え方が多く書いてあったので、ためになりました。


2.車の運転上達のススメ

テストドライバー指導員の方が書いているブログ。
いろいろなサイトを見たなかで、いちばんわかりやすかった。
YouTubeにたくさんの動画を上げてくれているので、理解しやすい。
何回も動画を見たし、何度も記事を読みました。


3.「駐車の達人」

スマホでできるゲームです。
iPhone、Android、どちらにも対応しています。

とにかくバック駐車ができなくて、できなくて、何度やってもできなかったのですが、
このゲームを何回も繰り返しやっていたら、感覚がつかめてきたんです!

スマホでできるので、家でできるし、ガソリンも使わないし、誰にも迷惑かけないでできます。
駐車ができるようになったのは、間違いなくこのアプリのおかげです。
ふつうのゲームとして楽しめるので、ハマります。
こちらの記事がわかりやすいと思います。


次回は、練習したステップを書きます。

0

ペーパードライバーを克服した方法 (1.動機)

大学生のときに、普通自動車運転免許を取得しましたが、
それ以来ほとんど運転をしていませんでした。
生活に必要がなかったから。

でも、北海道に帰ってきて、ジャングルさんが
「どーうしても、車がほしい」
と言うので、2年前に車を買いました。
ジャングルさんは通勤に車を使わないので、平日は車はずっと置きっぱなし。
でも、運転する気にはなれませんでした。

だって、運転するのって、こわい。
ぶつかったら、誰かをケガさせるかもしれないし!
ひとの車を壊しちゃうかもしれないし!

免許は取ったものの、「運転の感覚」はまったく身についていなかった。
やはり、「運転をしなければならない状況」でなければ、
運転はできるようにはならないですよね。

そして、ついに「運転をしなければならない状況」がやってきました。
それは、「イチゴさんの習い事」。
歩くと20分、車だったら5分くらいのところに行きたい教室があったので、
この距離なら、練習したら運転できるようになるかもしれない、と思ったのです。
運転の怖さよりも、「イチゴさんに習い事をしてほしい!」という気持ちが勝った。

4月にスタートするまで、猶予は1ヶ月。
しかし、運の悪いことに、3月にペーパードライバー講習をやっている教習所がない。
(北海道の冬道は、危険すぎるため)
仕方がないので、ジャングルさんにおしえてもらうことにしました。

運転ができる人たちは、口をそろえて皆こう言います。
「運転は、慣れだから。」
しかし、運転の仕方がまったくわからない自分には、そのアドバイスは無意味です。
だって、最初の一歩を、どうしたらいいのかわからない。
いや、アクセル踏めば進むことはわかるんだけど、
どうやったら普通に運転できるようになるのか、そこをおしえてほしいのに、
ただただ
「やってみろ」
ということだけを言われるので、とても困ってしまった。

運転できる人たちが、具体的なことをおしえてくれないことが、ものすごくストレスでした。
感覚でやっているので、手順なんてわからないそうです。
そんなことある?
ジャングルさんとも、実家の家族とも、イライラ合戦になった。


なので!
どうやったら運転ができるようになったのか、やったことを記録したいと思います。


まずは、運転の練習には、ものすごくストレスが伴うので、
「何が何でも運転できるようにならなくては」
という動機が必要です。
「運転できたら便利だよなあ」
くらいの動機だと、途中でくじける可能性があります。

そして、定期的に運転する「予定」も必要です。
そうすれば、運転をする間隔があくことがないので、
練習をずっと継続していくことができます。

そういうわけで、わたしのような筋金入りのペーパードライバーは、
「定期的に車でどこかへ行かなくてはならない予定」
を考えるのが第一段階になります。


長くなったので、記事を分けます。
2に続く。

0

ブログのテンプレートを変えました。

リンゴさんが0時近くまで寝ないので、ブログのデザイン変えました。
14年めにして、初めてのリニューアルですよ。

すごく現代的な見た目になった!
文字も読みやすくなった!
よかったよかった。

これからもよろしくおねがいします。

0

友人宅で昼から飲む。

ママ友との話。

ママ友は、「必要派」と「不要派」がいますが、
わたしは断然、必要派です。

一緒に遊べるのはもちろんですが、いろんな情報交換ができるのがいい。
近所に住んでいるお友達なら、いい病院、いい遊び場所など、
生活に必要な情報をおしえてもらえる。
こないだも、ママ友経由で幼稚園の制服をおさがりでもらうことができたし、
よい皮膚科をおしえてもらって、リンゴさんのアトピーが劇的によくなった。
ありがたい存在。

ふつうの友達と同じで、気が合う人とだけ仲良くして、
そうじゃないひととは幼稚園で会った時に立ち話をする程度。
全員と、同じレベルで仲良くしようとしなければいいだけのこと。


イチゴさんのクラスで仲良くなったお友達が、2組います。
それぞれ2人ずつ子供がいるので、
上の子が幼稚園に行っている間に、下の子をいっしょに子育てサロンに連れて行ったり、
公園で遊んだりして仲良くなりました。
定期的に誘い合って、それぞれのお家に遊びに行ったり、いっしょに出かけたりしています。


昨日は、そのうちの一人、Mさんのお誘いで、
「昼飲みしよう」
ということになり、ジャングルさんも連れて、家族みんなでおじゃましました。
Nさん家族といっしょに集まったので、子供6人、大人4人、合計10人…。

スーパーでお酒とつまみ、おやつとお茶などを買って、11時からスタート。
まずは子どもたちの腹ごしらえ。
Mさんはとても料理が上手なので、ホットプレートでサササーと焼きそばを作り、
肉まんも用意してくれた。
子供にごはんを食べさせつつ、大人たちは早速お酒を飲み始める。
わたし以外の大人3名は、みんなはビールをガンガン飲む。
わたしはお酒を飲むとテンションが落ちきってしまうので、パインソーダで乾杯。
MさんとNさんとお酒を飲むのは初めてだったんだけど、
すごくおいしそうにビールをぐいぐい飲むので、見ているだけで気持ちがよかった。

子どもたちの昼ごはんが済んだら、Mさんはサササーとホットプレートをきれいにして、
大人用のもんじゃ焼きを作ってくれた。
もんじゃ焼きって、家で簡単にできるんだ…、とジャングルさんと感嘆する。
最後にベビースターラーメンをのせてくれたり、チーズを混ぜてくれたりして、すごくおいしい。
もんじゃが一段落すると、チーズ餃子を焼いてくれる。
それを食べたら、もんじゃ第2弾。
ずーっと食べ続け、飲み続けていたら夕方になった。

その間子どもたちはというと、
おもちゃで遊ぶのはもちろん、
ダンスしたり、
お絵かきしたり、
ピアノ弾いたり、
とにかく自由。自由に遊びまくる。

飽きて親元に戻ってきたら、おやつを食べさせたり、映画を見せてもらったり。
多少騒いだり、寝ちゃったりしても、どうにでもなる。
これがお店だと、周囲に気を遣わなくてはならないので、長時間の滞在は無理なのだけれど、
お家なので、すごくリラックスできる。
家、最高。

その間も、大人たちはチョコレートやおやつを食べまくり、飲みまくる。
眼の前に食べ物があると、ずっと食べていられる。

夕方になって、いつごろ帰ろうかなーって考えてたら、Mさんが、
「晩ごはんも食べてったら楽じゃない?」
って言ってくれて、子どもたちに焼きうどんつくってくれた。
Mさんは「お昼は焼きそばだったから、ちがうの作ったほうがいいかなー」
って言ってくれたけど、もう作ってもらえるだけでありがたいので、
「なんでもいいから!」
って言って、焼きうどんをジュージューやって、
デザートにフルーチェ作ってもらって食べた。
その頃には、2歳児たちは、もう体力の限界が来ていたはずなんだけど、
リンゴさんはひたすら元気だった。

結局、解散したのは19時ごろ。
帰ってきてからちょっとぼーっとして、21時前には一家全員就寝しました。

しゃべりまくって、笑いまくって、ストレス発散になったうえ、
昼ごはんも晩ごはんもMさんが作ってくれて、わたしは料理をしなかったので、
すっごーーくリフレッシュになった。
もうMさんには感謝しかないです。
すごくよい土曜日だった。


Mさんが、ホットプレートで焼きそば、もんじゃ、焼きうどんを華麗に作り、
完全に使いこなしているのを見て、早速ホットプレート買いました。
今度はお礼に、我が家でもごちそうしてあげたいな。

0

巻き込まれるジャングルさん。

みなさんこんばんは。
元気にしていましたか?

毎日Twitterでプイプイつぶやいていましたが、
文字数を気にしながら言葉をえらぶのが大変なので、
またブログに帰ってきましたよ。
本当はブログのほうがすきです。
前より続けられるようにがんばります。


さて、ジャングルさんは、本日出張で飛行機に乗っており、
見事に管制システムのトラブルに巻き込まれました。

いつも乗る便だったら、通常通り離発着できていたのに、
今日はたまたまいつもとちがう時間のフライトだったようです。
離陸後に一旦引き返し、しばらく待ってから再度離陸。2時間遅れで到着した模様。
かわいそうに。


ジャングルさんは、裏表がなさすぎるので、そのせいで最初に敵を多く作ります。
でも、じわじわと時間をかけて、
最終的にはその敵だったひとたちを、必ず味方につけてしまう。

特別な才能とか魅力とか、そういうのがあるわけではないけれど、
ジャングルさんには「運」とか「ツキ」とか、そういうのがあるような気がする。
わたしはそれをわけてもらってなんとか生きています。

0

ひさしぶりに。

おひさしぶりです。

Twitterではしょっちゅうつぶやいていましたが、
やっぱりブログじゃないとダメだ!
と、ずーっと思っていまして、
これからブログを更新していくことにしました。

11月ごろから、リンゴさんの夜中遊びが始まり、
22時起床、2時就寝というリズムになってしまったため、
日常生活を送ることがそれはそれは大変だったのですが、
ようやくリンゴさんのリズムも整いました。
娘たちが20時に寝てくれるようになると、わたしも睡眠が取れて、
頭が働くようになりました。

4月からイチゴさんも年少さんになって毎日幼稚園に通い始めたので、
以前よりもほんのすこしだけ、余裕ができたと思います。


わたしにとって、フログを書くことは、
「自分ががんばって生きていることの証」
のようなものなので、
ブログを書けなかった間は
「わたしって、一体なんのために生きているんだろう。
 ただ、食べて、不安になって、眠るだけ」
と思って、もやもやしていました。

これからは、もう少し、パリっと生きていきたいと思います。


コンビニに行った時に、「PRESIDENT」という雑誌をちらっと読んでみたのですが、
「一流の人の一週間」
というテーマで、
そこに書いてあった言葉が心に残りました。

-----------------------------------------------
「ぼうっと歩いているうちにエベレストに登っちゃった」
という人が1人もいないように、
大きな夢を実現するためには、
今を真剣に生きなくてはなりません。
そう考えたら、休日もうかうかしてはいられないですよね
-----------------------------------------------

時間がたっぷりとあることに甘えて、ぼーっと生きてきたので、
もうすこし時間についてちゃんと考えないと、と思いました。


これからまた、よろしくお願いします。

0

貼らないカイロミニ。

札幌は、もう何回か雪が降りまして、本格的な冬到来です。


冬は、足が冷え冷えの季節です。
こないだルームシューズを買ったことを書きましたが、わたしはスーパーウルトラ超冷え性なので、ルームシューズをはいていても、足は冷え冷えのままです。
そのなかにカイロを入れて、やっと足が暖かくなります。なので、冬は靴下&カイロ&ルームシューズで過ごしています。

そして、常に首と肩がこっていて、しょっちゅう頭痛がするので、
調子が悪いなと思った日には、ポケットつきのスカーフにカイロを入れて首に巻き、首と肩を温めています。

そういうわけで、1日に2個または4個、貼らないタイプのミニサイズのカイロを使っています。


毎日大量に消費しているので、できるだけ安く手に入れたいのですが、
ネットでは高いので、ドラッグストアやスーパーで買っていますが、貼らないタイプのカイロよりも、貼るカイロのほうが断然プッシュされています。

貼るカイロは、ふつうサイズもミニサイズも箱入りになって売っているのに、「貼らないカイロミニ」は、箱で売ってないお店が多いです。


なぜ。どうして。貼らないやつのほうが、いろんなところに使えて便利なのに。
みんな貼って使ってるの???

ドラッグストアに行っては、
「貼らないミニが一番便利だと思うのに!
箱で売ってよ!」
と思っていてもやもやしていたのですが。

今日ついに解決しました。

イオン系のスーパーに行ったら、あっさり売ってました。
30個入りで税込み447円だった。
安い。
やっと出会えた箱入り。
これからはイオンのやつを買う。

でも、できれば他のお店でも、貼らないミニ箱入りを売ってほしい。そのほうが保存に便利だから。

昔は貼るカイロよりも貼らないカイロが主流だったのに、いつから貼るカイロが主流になったんだろう。



0

かんたんアロマ生活

このごろ、日々の生活に、アロマテラピーを取り入れるようにしています。

きっかけは、ごみばこのにおい対策に、アロマ重曹を使い始めたこと。
いい香りがすると、とっても気分が上がります。

レモンのオイルがなくなったタイミングで、新しくアロマオイルを買おうと思ったら、6本セットのものが送料無料で安かったので、
レモンの他にも、色々な香りに包まれたいと思って、セットで購入しました。




アロマオイルを買うのは数年ぶり。
当然ですが、新しいものは香りがすっごくよくて、わくわくしたので、いろんな場面で使ってみることにしました。


以前は、無印良品で買ったディフューザーを使っていましたが、コンセントが必要だったり、お手入れが面倒…。
なので、今は、口元がかけて使えなくなった湯呑みにお湯を入れ、そこにオイルをたらしています。日中は白湯を飲んでいるため、お湯は常時準備してあるので、とてもらくちんです。

キッチンを片付けるときに、朝はベルガモット、夜はラベンダー。
ひとりでお風呂に入れる時は、ピンクグレープフルーツ。
ごみ箱のにおいが気になる時にはティートリーかレモン。
夜寝る前にはラベンダー。

購入したサイトでティートリーがおすすめされていたので、初めて使ってみたのですが、ものすごく清涼感のある香りで、いやなにおいもさっぱり消え去ります。
とても気に入ったので、今後は常備しておくことにします。

夜も、特にリラックスしたいときには、ティッシュをふわっと丸めて、ラベンダーのオイルを1滴たらし、枕元に置いて寝ています。
朝起きたら捨てるだけなので、これもとっても簡単。


ディフューザーが流行っているので、そういうものを使わないといけないのかな、と思っていましたが、「湯呑み&お湯」、そして、ティッシュが最高に使いやすいです。
ほんの少しではありますが、ごきげんで過ごせるようになりました。
いい香りがするだけで、気分がすごく変わりますよ。

0

風邪が治らないので大掃除。

9月中旬から、娘たちが風邪を引き続けています。

イチゴさんから風邪が始まり、当然リンゴさんにもうつり、
ジャングルさんにうつり、わたしにもうつり、
そしてまたイチゴさんがぶり返し…
というループ。

イチゴさんは気管支炎、中耳炎、
リンゴさんはRSウィルス、
ジャングルさんは、中耳炎と副鼻腔炎。
わたしは特に病気というわけではなかったけれど、
ひどい咳に悩まされ、布団に入ると1時間も咳が止まらないような状態になりました。

数えてみたら、1ヶ月で12回小児科に通った。
その後も週に2回くらい通っています。
イチゴさんとリンゴさんの症状が悪化するタイミングが合わなくて。
小児科の看護婦さんにも、
「もう顔を覚えちゃったよー」
と言われるほどに通いました。

季節の変わり目って、そういうものなんだろうし、
幼稚園に行くっていうのは、風邪ももらってくるものなんだろうけど、
もうね、疲れちゃったよ。

症状と原因など、先生も丁寧に説明してくれますが、
我が家が汚すぎるのが最大の原因なのではないかと考えまして、
徹底的に掃除をするために、実家からおかーさんが来てもらいました。

照明、カーテンレールの上のほこり、窓のサッシも拭き掃除、
布団は両面に掃除機をかけ、
除湿機、換気口、空気清浄機、ストーブもほこりを取って、
家具もしっかり拭き掃除。

とにかく掃除をしまくりました。
これだけの作業は一人では無理なので、おかーさんが来てくれて本当に助かりました。

子どもたちはまだゴホゴホ咳をしてますが、もう病院にはしばらく行かないぞ、絶対に治すぞ、と心に決めているところです。

これをキープするのは大変そうだけど…
ほんとに治ったら、今後もやらなくちゃいけないですね。
時間がなくて、掃除はムリってあきらめてたけど、
毎日少しずつやっていくことにします。

このカテゴリーに該当する記事はありません。