ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
3

金沢21世紀美術館。

まだまだ金沢のつづき。

ついに、金沢21世紀美術館へ行く。
なぜ、こんなにたのしみにしていたのかというと、
ここは、世界的にも有名だと思われる
妹島和世と西沢立衛という2人の建築家によってデザインされた、
すばらしく洗練された施設だからです。
デザインのあまりの美しさに、いろんなところから注目が集まりました。
円形のフォルム、光あふれる明るい空間、
そして、そこにとけこむ個性豊かなコンテンポラリーアート。
どれも、完全にすばらしいのです。
期待していた以上の満足を得られました。

この美術館は、兼六園のとなりにあります。
円形で、ガラスばりの、すごくよく目立つデザイン。

2006112510.jpg

特に地図を見なくても、一目でこれだ!とわかりました。
館内に入る手前から、すでにアートの香りが漂う。

白玉だんごな椅子。
2006112506.jpg

巨大ラッパを発見。
2006112512.jpg
すいこまれないでくださいね。

美術館のなかは、有料ゾーンと無料ゾーンに分かれている。
1日目は無料ゾーンを、2日目は有料ゾーンを味わうことにした。

なかでも、いちばん気に入ったのは、レアンドロのプール!
目玉作品だけあって、ここはにぎわっていたなあ。
2006112513.jpg 2006112509.jpg
とってもふしぎでしょ?
プールに見立てた小部屋の天井が透明になっていて、
そこに10センチだけ水がはられているの。
だから、下にいるときには、水中から空を見ているような世界になって、
上から見下ろすと、水中にひとがいるように見えるの。
上からみた図はこんなかんじ。
2006112508.jpg
わたしはここがとても気に入った。
水中にいるかのような清々しさを味わえる。

他に気に入ったのは、タレルの部屋。
天井に、ぽっかりと穴があいているの。
2006112502.jpg
これだけ。
え?どういうこと?と思うでしょ?
これは、空の表情が1つの作品なの。
空は、毎日ちがった表情を見せるから、
この作品も、その日、その時間によって、いろいろ変わるの。
ずーっと見ていると、空にすいこまれそうになります。

それから、雲を測る男。
美術館の屋根の上に、こんなひとがいます。
2006112504.jpg

屋根のうえに、ぽつんと、金色の男が!!
雲を測る、という、ナンセンスな行動がおもしろい。

あと、奈良美智の作品もあった。
2006112511.jpg

この巨大なわんちゃんのなかに、古着をつめて、作品をつくるんだって。
いろんなことを考えるものね。

作品のほかにも、いろいろと美しいものがたくさん。
たとえば、エレベーターが透明。
2006112503.jpg
とってもきれい。

それから、ひとやすみのためのイスも、
すてきなデザインのものがたくさん!
「わたしとイス」、3連発。ナルシストでごめんなさい。
2006112507.jpg 2006112505.jpg

2006112501.jpg

ひとやすみもたのしい。

本当は、2日目に館内のカフェでひとやすみしたかったのだけれど、
あいにく結婚式の2次会が開かれていて、貸切…。
こんなことなら、1日目に行くべきだったわー。
残念無念。
でも、このすてきスペースでみんなにお祝いされるなんて、すてき。
またいつか、戻ってくるわ、ここに。

該当の記事は見つかりませんでした。